スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アメリカ・・・3
日本のようにタクシーが何処でも走っているなんて事は有り得ないアメリカで
唯一頼りになるのが、携帯電話

行きに使ったタクシーを電話で呼んで来て貰うんです。
そのために、出国する2日前には国際電話が出来る携帯に変更して、新品
の携帯をルンルン気分で持参しました。機種が変わると使いこなせなくなる
事はこの際無視

頼りになる電話とタクシーだけが今の私達を支えてくれている訳です

さて、お断りをされたホテルを出ると、そこにはBASSマガジンの編集長が
お仲間と立ち話をしていました。とある方にこの編集長を紹介して貰ったのですが

「ご機嫌はどう」みたいなお決まり文句に、正直物の私は思わず本当の事を・・・

「いや~、良くないよ・・ホテルも無い、バッグも無い、レンタカーも無い」
何故か笑顔で両手を広げて、参りましたのオーラ全開
(実はこんなトラブルもちょっと楽しかったりして・・・一晩中カジノホテルで過す
覚悟も出来てたし)

その時

「良かったら僕の部屋を使うといいよ、広いし全く問題ない」

へっ?・・・貴方、良い人過ぎですとはいえ、このありがたきお言葉を
無視する余裕はありません
日本語で言うなら

「あざぁ~っす!」

英語だと
「Thank You」

かくして私達は、野宿から一転、豪華絢爛なスウィートルーム、朝食付き
&ビール飲み放題(彼のビール)へとご招待されたのです。


P002.jpg

まさに救世主現る!ですな・・・感謝、感謝


まだまだ続きハプニング・・・続く




釣り | 07:14:20 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。